3階建は階段の上り下りが多くなり小さい子を育てるのには向かない

購入した時はまだ妊娠前で、子育てのシミュレーションが甘かった。

子供ができても部屋は何とか作れそうだと思い今の家に決定したが、それ以外の使い勝手については全く考えずに何とかなると思っていた。

家の作りは一階にトイレバスと一室、二階にキッチンリビング、となっている。

この作りで一番大変なことは子供を連れて階段を上り下りする回数が多くなるということだ。

外出、子供のお風呂、手洗いのたびに一階へ移動しなくてはいけない。

小さい子を抱きながら階段を上り下りするのは緊張するし、体が大変。

子供が階段を登り降りしたがるようになってもペースはゆっくりで転落しないか見ていないといけない。

これを一日に何度も繰り返すのはかなり大変だと思う。

また、二階に子供を置いて自分が一階に行く時は様子がわかりづらいことにも後から気づいた。

階が違うと気配も感じられないので、子供が転んでないか、危ないことをしていないか気にしながら用事を済ませて急いで階段を駆け上がっている。

もっと情報を収集すべきだった。

まわりのパパママから子育てしやすい家について聞き、子供との生活の仕方を細かく想像しておけばよかった。

もしくは小中学生になって手が離れ、階段が苦痛にならない時期まで購入を待てばよかったのだと思っている。

こちらもおすすめ>>>>>川口市 注文住宅