窓を多く取りすぎた結果、カレンダーなど飾る場所が減った

明るい家に憧れており、家を建てる時は絶対に窓多くした明るい家がいいなと思っていました。

依頼したハウスメーカーも、広々としたリビングの大きな窓が素敵で、展示場寄りの大きな窓を取り入れました。

窓も十分だなというくらいに決めて満足していたのですが、実際に住んでみると大きな窓は光が沢山はいっていいのですが、リビングにもう一箇所とりつけた大きめの窓はあまり開けることもなく、カーテンも閉めていることが多くなりました。

日が差す方向じゃなかったりするし、リビングの大きな窓で十分光が差し込むので、開ける必要がありません。

その上、カレンダーや時計を設置する位置も窓があるため限られているし、娘が書いた絵を飾りたいなと思ってもスペースが少ないのです。

また、窓があると棚も置くことができず、結局腰高の窓よりも低い高さの棚を購入しました。

棚自体気に入っていますが、あまり物を置くとカーテンにかかってしまうので、何か飾るということも難しく、何でこんな腰高の窓を作ってしまったのこなぁと後悔しています。

今ならば大きな南向きの窓があれば十分明るいことも分かるので、窓を設けるにしても、きっと目線より上の細長いはめ込みの窓にしたと思います。

こちらもおすすめ⇒https://習志野市注文住宅.com/