発熱のときはアスピリンを使用しています。頭痛のときにも使えます

頭痛、解熱にはアスピリンがおすすめです。

アスピリンは昔からある薬なので副作用があまりないのですが、効き目がとにかく強力なので空腹で飲むと胃が痛みます。

体調が悪くても何か少し食べてから服用したほうがいいです。

特に解熱にはおすすめで、以前40度の熱が出て数日続いたときには本当にありがたかったです。

飲んだら数時間は効いて動けるようになったので、その間に所用を済ませてまた倒れていました。

ドイツのバイエル製薬が以前に出していましたが、最近はなにか変わったのかあまりドラッグストアで見かけなくなりました。

見た目は普通の錠剤ですが、とても溶けやすいので、口に含んでいるとすぐに溶けてきます。

だから効き目が早いのかもしれません。

味はそんなにしませんが糖衣錠などではなく、イマイチなので、やっぱり服用するときには水が白湯がおすすめです。

効き目が早くて強力で、鎮痛作用もあるので、痛み止め替わりになるかもと非常用の持ち出し袋にも1箱入れています。

お守り替わりです。

頭痛鎮痛薬はバファリンや最近ではロキソニンをよく見かけますし、イブ錠もありますが、我が家ではアスピリンが常備薬です。

価格も安いほうだと思います。

CMなどは見たことがないので知名度はないかもしれません。

PRサイト:ネット総合病院 公式